0,02%・・・。これが30年後の企業の生存率です。つまり、1社も残ることができないほど、会社を存続するのは、難しいのです。 ちなみに、起業してからたった1年の生存率を知っていますか ?実は、わずか40%です。なので、100社起業すれば、60社も倒産するというデータが出ているのです。世間では、脱サラとか、 副業とか、ネットビジネスと言われているのですが・・・現実は違います。

たった1年も半分以上の会社が消えて行くのです。よくスポーツの業界は厳しいと言われているのですが、実際は起業の方が現実的に 生き残っていくことは難しいのです、、、ですから、甘い話で「私でもできた」とか「お金を稼ぐのは簡単」とか、 ネットでは言われていますが、結局は、それらはわずか0,02%の人間だけで、全員ではないのです。

もっと詳しくお伝えしますと、30年間の企業が生き残る数を表している数字は・・・きっと、一度を見たことがあると思いますが、 この数字は真実だということを改めて理解して、見てください。


以上が30年間の起業生存率です。なので、このデータから分かるように、30年間で99.98%の企業はなくなるということ。 つまり起業しても30年後には1社も残っていないということになる。日本において起業することはまさに茨の道ということだということです。 さらに、30年以上続く会社を考えると、その確率はさらに低くなっていくのです・・・



どんな会社でもそうですが、上記のデータように、どんな大企業も経営状態は悲惨で、毎日のように、マーケティング 施策を考えているぐらいです。それが、大企業ではなく、私たち起業家はどうでしょうか?さらに、厳しい現実です。

毎月、どれだけお金を稼ぐことができなくても、月末の支払いは待ってくれません。全力でお金を取りにくるため、 常に起業家は売上を上げるためにではなく、月末の支払いために稼ぐことになっているのではないでしょうか? だからこそ、起業家は毎日が必死です。休みなんてありませんし、あったとしても、常に売上のことです。

そして、その売上のために書籍を購入したり、セミナーに参加したり、教材を購入したりしていると思います。 けれども、どれも全部、「ネット集客」や「営業法」です。確かに、今ではインターネットが普及されていることもあれば、 自社のメディアを、ソーシャルで持つこともできるようになりました。

そこで、取り組んでいることと言えば、フェイスブックで毎日の投稿・アクション(いいね!・申請・コメント) やブログ登録・読者登録など、新しいメディアが出れば、すぐにそのノウハウが生まれ、起業家はすぐに飛びつき、 それらの行動を毎日、実践するのです。ですが・・・


疑問に思いました。弊社は学びの総合商社として、日本中にある知恵の中でも、再現性が最もあり、その専門分野にはもっとも 詳しい著者のコンテンツを届けてきました。今でも、届けてきたコンテンツには自信があり、事実、お客様が次々と結果を出してきました。 業種も様々です。例えば、以下のような業種です、、、


などなど、挙げだしたら切りがないほどの業種があるのですが、ここ7年間ずっと迷いがありました。 いくらお客様が実績を出されても、ずっと消えることはありませんでした。その迷いが「本質・真実」を 伝えられているのか?ということです。というのも、弊社で商品を扱っている講師で「創業100年」を 超える会社経営をされている方は一社だけです。

そのため、創業100年も続くことができる、「実体験」である本当の「知恵」を届けられていないのです。 あくまで「今」売上が上がった方法であり、それが時を超えて通用するかは、わかりません。だからこそ、 弊社は迷いが消えることがなかったのです。本当の答えは、当然ですが、創業百年以上を生き抜いた 会社しか持っていないのです。そこで・・・


この雑誌は、「伝統とイノベーション」にフォーカスした起業家専門の雑誌です。そもそも不思議に思いませんか? インターネットもない時代にどのように集客ができ、不況・天災・震災をどうやって生き抜くことができたのか? そして、創業百年続けることで、一体何が会社経営にとって大切なのか?

などなど、創業百年以上を超える会社だからこそ分かる、会社経営に一番大切な“答え”を知ることができるのが、 今回、発売する“起業家専門雑誌”になるのです。ちなみに、現時点でインタビュー済みの伝統企業 創業百年以上の会社)はこちらです、、、


いかがでしょうか?一番凄い会社で、創業1000年を超える会社も、奇跡的にインタビューすることができたのです。 さらに、文章だけではなく、より理解できるように、プロの漫画家を採用し、「ビジネス漫画」も雑誌に掲載されています。 つまり・・・


この話は、どれだけ有名な著者や実績を出した著者でも語ることはできません。どれだけ「売上アップの方法」を語ったとしても、 それは「今」だけです。未来はわかりません。何故なら、どこまで言っても「創業百年」を歴史がないからです。 つまり、語ったとしても、それは仮説でしかなく、確証がないということです。再現性も実証できないのです。

だからこそ、弊社は創業百年続く伝統企業に学ぶ雑誌を発売することに決意したのです。今はインターネットが発達したこともあれば、 書籍も1日に200冊が発売されているため、情報というのは、溢れかえっていて、いつでも、得ることができるようになりました。 しかし、どんな情報も、100年続く会社でもなければ、数十年や数年ぐらいの、

著者が書いたもので、中身は大変勉強になりますが、どれも欠けていました。その欠けているものが、 何百年経っても、変わらず地域、国、お客様から愛され、何があっても絶えることなく、 生き続けられるための普遍的な本質です。常に時代は変化します。昨日まで変わらなくてもたった1日で変わるものです。

そのため、私たち起業家は、常に進化し、成長し続け、何があってもお客様から、愛され、求められ、 頼られる会社でなくてはいけないのです。それを教えてくれるのは、何百年続く会社の伝統を引き継ぎながら、 イノベーションを起こしてきた、現役のトップだけです。 創業百年以上続く会社というのは、色んなことに乗り越えてきたのです。

戦争も・・・
バブルも・・・
リーマンショックも・・・
大地震も・・・


ちなみに、創業百年だけでこんな事件が起きていたのです。


いかがでしょうか?こんなにも100年間の間で大事件が起きているのです。また、これは世界的にも有名な事件のため、 当然ですが、他にもあるのです。これほど、創業百年以上を続けるためには、このように不況・戦災・ 震災を乗り越えなくてはいけないのです。いつまで、同じ時代など、この世の中にはありません。


そのために、雑誌だけではなくリアルに聞いて頂くために、今回、出版記念セミナーを開催することにしたのです。 創業百年を続けるための本当の答えを、トップである経営者に直接学ぶことができます。ちなみに、学べる内容はこんな感じです。


以上の10の秘密を伝統企業の会社のトップから、直々に学ぶことができるのです。また、誰よりも企業を見続け、 財務・歴史・理念・教育など、あらゆる角度から徹底研究・徹底分析してきた伝統企業を創る専門家からも学ぶことができるのです。 簡単に言えば、伝統企業を創る「考え方」と「具体的な実行方法」を学べるということです。

そして、今回は出版記念ということで、大阪・名古屋・東京の3都市で開催することが決定しました。どの都市も、 決して聞くことができない伝統企業の経営者であるため、満席がなる前にすぐに以下からあなたの席を確保してください、、、


直接、伝統企業から学ぶことはまず、できません。弊社自身、取材ができたこと自体、奇跡です。 さらには、講演を開催して、伝統企業の歴史や商売繁盛の法則も公開して頂けれるのは、まさに前代未聞です。 ちなみに、今、創業500年以上続く会社は、一体、いくつあるかご存知でしょうか?

たったの32社のみです。たったこれだけなのです。その中から今回、500年続く会社の経営者も登壇されるため、 席が埋まる前にすぐに以下のフォームから確保して下さい。





浅井 信太郎 氏
株式会社まるや八丁味噌 代表取締役
1949年生まれ。1978年に同社に入社、2004年、現職に就任。ドイツへ留学経験から、オーガニックへの可能性を早くから見出し、 有機大豆を使用した有機八丁味噌を発売。国内はもとより複数の海外の有機認証機関の認証を受け、海外20カ国で販売中。 八丁味噌の伝統を未来へ繋いでいくために、常に新しい挑戦を模索している。海外では「MR HATCHO」の愛称で通る。


日 程 2017年1月24日(火)
講演時間 18時00分〜20時00分(受付開始:17時40分から)
会 場 オフィスパーク宝 第一ビル605B
名古屋市中区栄2丁目5番1号 宝第一ビル 6F
工場見学 14時30分〜16時00分
工場住所 愛知県岡崎市八帖町往還通52
受講料 定価10,000円 → 3,000円(講演料のみ)
定価30,000円 →8,000円(工場見学・講演料込み)
  • キャンセルについて

    参加確定後のお客様都合のキャンセル&ご返金は原則承っておりません。ご入金または参加確定メールをもって、 ご参加確定となります。確定後のキャンセルはお受けできかねますので何卒、ご了承下さいませ。









曽根 康正 氏
SMCホールディングス 代表取締役
公認会計士・税理士

昭和34年6月8日、岐阜県多治見市生まれ。昭和57年、慶應義塾大学商学部卒業。昭和58年、公認会計士試験合格後、TAC株式会社専任講師。 昭和59年、監査法人丸の内会計事務所(現監査法人トーマツ)入所。昭和64年1月、曽根公認会計士事務所を独立開業。


平成19年、SMC税理士法人を設立し代表社員に就任し、現在はSMCグループの代表として活躍している。
SMCグループには、その他に(株)曽根経営センター(コンサルティング会社)、(株)経営クラブ(研修企画・保険代理店)、 (株)PAL研究会(研修セミナー企画会社)、有限会社セリアン(不動産賃貸会社)がある。SMCグループは経営理念「貢献・感謝・信頼」、 経営目標「社外重役の立場から専門的能力を発揮し、中小企業を支援する」を掲げ、中小企業応援団として中小企業の経営を全面的にサポートしている。 強運会計士である自分の「ツキ」「運」の力で中小企業の経営をサポートする。 書籍には『自分の会社を100年続く企業に変える法』がある。

日 程 2017年1月25日(水)
講演時間 19時00分〜21時00分(受付開始:18時40分から)
受講料 定価10,000円 → 3,000円
会 場 オフィスパーク宝 第一ビル605B
名古屋市中区栄2丁目5番1号 宝第一ビル 6F
  • キャンセルについて

    参加確定後のお客様都合のキャンセル&ご返金は原則承っておりません。ご入金または参加確定メールをもって、 ご参加確定となります。確定後のキャンセルはお受けできかねますので何卒、ご了承下さいませ。









平居 肇 氏
株式会社赤福 取締役社長補佐
昭和16年 三重県松阪市生まれ
昭和39年 ㈱赤福入社
昭和53年 グループ会社(マスヤ)へ出向
昭和61年 ㈱赤福財務担当取締役へ就任
その後、㈱赤福常務取締役 ㈱赤福専務取締役を歴任。
平成5年に開丁した「おかげ横丁」建設に尽力。


(株)赤福退任後、(株)濱田総業へ「長老職」として転出。 その後、志摩地中海村事業に専念も平成20年に退任。 平成25年9月以降、浜田益嗣オーナーの要請により㈱濱田総業へ復帰。 翌年4月に㈱赤福取締役社長補佐として復帰。 公職は、伊勢文化会議所事務局長並びに伊勢市観光協会参事

日 程 2017年1月28日(土)
講演時間 14時00分〜16時00分(受付開始:13時40分)
受講料 定価10,000円 → 無料招待
会 場 クリスタルタワー貸会議室E
大阪市中央区城見1-2-27
  • キャンセルについて

    参加確定後のお客様都合のキャンセル&ご返金は原則承っておりません。ご入金または参加確定メールをもって、 ご参加確定となります。確定後のキャンセルはお受けできかねますので何卒、ご了承下さいませ。