「本田泰人のリーダー論」


株式会社ニュースパイラル(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:鳥居昇太)は、アマゾン キンドルストアにて、
「鹿島アントラーズ」で黄金期をキャプテンとして牽引してきた「本田泰人のリーダー論」(著:本田泰人)を発売中。

言わずと知れたサッカーJ1の常勝軍団「鹿島アントラーズ」。その黄金期をキャプテンとして牽引してきた本田泰人氏。
在籍中はリーグ優勝4回、天皇杯優勝2回、リーグカップ優勝3回と数々のタイトルを獲得した。引退後は指導者として、日本サッカー界に貢献し続けている。
サッカー選手としては小柄だが、日本代表でも活躍できた秘訣とは? 
サッカー以外にも通じるジーコから受け継いだリーダー論についても書き下ろした本書。
プロを夢見るサッカー少年はもちろん、育成年代の指導者、企業や組織のリーダーにも伝えたい思いを綴った珠玉の1冊!

書籍名:「本田泰人のリーダー論」著:本田泰人

ご購入はこちら



はじめに

第1章 大きな影響を受けた「神様」ジーコの存在
ー鹿島を選んだのはジーコがいたから
ー住友金属に加入して感じた大きなギャップ
ープロとは何かを教えてくれたジーコ
ージーコの偉大さを再認識した海外遠征
ー守備戦術の徹底で基盤が固まる
―ジーコの存在が鹿島を常勝軍団にした

第2章 ボランチ・本田泰人の誕生
ー最初は野球少年、小学6年でサッカーの道へ
ー中学卒業まで4年間続いた父のスパルタ特訓
ー全国大会得点王を獲得した中学3年時
ー衝撃的だった同級生、天才・礒貝洋光
ー不完全燃焼だった帝京高時代
ーボランチにコンバート、お手本は柱谷哲二
ー本田宗一郎の死を機に住友金属へ移籍

第3章 ジーコから受け継いだキャプテン
ー試合中に受け取ったキャプテンマーク
ー嫌われ役に徹した2代目キャプテン
ー監督と選手を橋渡しする「中間管理職」
ー常勝軍団はサポーターを大事にする
ー次代へ伝えるジーコの教え

第4章 日本代表として戦った日々
ー突然訪れた加茂ジャパン初招集
ー柱谷とのWボランチで日本代表デビュー
ーフランスW杯予選、大逆転負けの韓国戦
ー岡田ジャパンの誕生で変わったこと
ーベンチで見守った「ジョホールバルの歓喜」

第5章 日本サッカーと鹿島の未来
ー未来の日本代表を育てる
ー理想は1997年の鹿島アントラーズ
ー夢は監督ではなく鹿島GM

おわりに


【著者プロフィール】
本田泰人(ほんだ やすと)

国籍 日本
生年月日 1969.6.25
出身 福岡県北九州市
身長・体重 166㎝、64Kg
-1991年 二島スポーツ少年団
1982-1984年 響南中学校
1985-1987年 帝京高校
1988-1992年 本田技研工業 72試合、2得点
1992-2006年 鹿島アントラーズ 328試合、4得点



〇ニュースパイラル 概要 (https://new-spiral.com/)
会社名: 株式会社ニュースパイラル
所在地: 愛知県名古屋市中村区岩塚町字一里山1-9 萬勇ビル2F

◯お問い合わせ先
株式会社ニュースパイラル公式LINE
https://lin.ee/akb8KnU / TEL:052-419-0202