「遠藤3兄弟のサッカー教育」


株式会社ニュースパイラル(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:鳥居昇太)は、アマゾン キンドルストアにて、
元日本代表で横浜F.マリノスで活躍した遠藤彰弘「遠藤3兄弟のサッカー教育」(著:遠藤彰弘)を発売中。

日本サッカー界の天才「遠藤3兄弟」は、いかにして生まれたのか。
この書籍では、元日本代表で横浜F.マリノスで活躍した次男・彰弘氏が、幼少期からの「遠藤家のサッカー教育」を振り返ります。
マリノスを率いた岡田武史氏ら一流監督の「勝利の哲学」も満載。マリノスはいかにしてJ1リーグ優勝を成し遂げたのか、一流選手はいかにして育っていくのか。
子ども向けサッカー教室「遠藤塾」を運営する立場から、クリエイティブな選手を育てるヒントも解説。
「将来、日の丸を背負う選手を育てる」ことが目標という「遠藤流」の指導法も満載!

書籍名:「遠藤3兄弟のサッカー教育」著:遠藤彰弘

ご購入はこちら



はじめに

第1章 遠藤家のサッカー教育
―遠藤三兄弟のルーツは「庭先でのミニゲーム」
―サッカー通じて受けた少年時代の人間教育
s ―父親の教え「やるからには一番を目指せ」
―楽しくて、負けたくないから、「伸びる」そして「考える」ようになる

第2章 鹿児島実業高校サッカー部
―鼻をへし折られた天才「城彰二」との出会い
―鹿実が積み上げてきた規律と伝統
―栄光と挫折を経験した3年間
―名将は「ピッチ内で言わない」

第3章 横浜マリノス(Fマリノス)勝利の哲学
ー恩師から渡された、横浜マリノス「一択」
―名だたる名選手たちと過ごした日々
―外国人監督が教えてくれたこと
―今でも大切にしている岡田監督の哲学

第4章 日本サッカーへの提言
―アトランタオリンピックで起きるべくして起きた奇跡
ー東京オリンピック世代へ
ーオーバーエイジについて
ー破天荒なやつが1人くらいいてもいい

第5章 遠藤塾で教えていること
―オンザピッチでは、決して怒らない、友達になる
―答えは教えずヒントを与える
―遠藤保仁の通訳として
―指導者の仕事は試合が始まるまで

第6章 兄から見た遠藤保仁のすごさ
―周りの状況と自分自身を「見る」力
ー高いレベルを保持するための決断力
ー難しいプレーを簡単に見せるうまさ
ー目標をあえてつくらない

第7章 これからの日本サッカー界の為に
ー育成年代の仕組み自体を変える
ーファーストキャリアという考え方
ー状況に合わせて考える力
ー教科書通りの選手なんていらない


おわりに


【著者プロフィール】
遠藤彰弘(えんどうあきひろ)
国籍 日本
生年月日 1975.9.18
出身 鹿児島県鹿児島市
身長・体重 173㎝、65㎏

選手歴
1991年 - 1993年 鹿児島実業高等学校
1994年 - 2005年7月 横浜マリノス/横浜F・マリノス
2005年7月 - 2007年 ヴィッセル神戸

日本代表歴
U-19日本代表(1994年)
U-23日本代表(1996年)
1996年 アトランタオリンピック(1試合0得点)
日本代表候補(2001年)



〇ニュースパイラル 概要 (https://new-spiral.com/)
会社名: 株式会社ニュースパイラル
所在地: 愛知県名古屋市中村区岩塚町字一里山1-9 萬勇ビル2F

◯お問い合わせ先
株式会社ニュースパイラル公式LINE
https://lin.ee/akb8KnU / TEL:052-419-0202