BOOK




予算が少ない人のためのFacebook広告運用ガイド
【2019年最新版】

3万円の広告費で210万円の売上を叩き出した方法を初公開!


広告なんて出すお金がない?




広告というとそれだけで、何十万、何百万の世界だというイメージがありませんか?


しかし、本書では、はじめての出稿な上に、広告費はたったの3万円だけを使って、その結果210万円もの売上を上げた著者が、実践的方法を伝授します。


100円から広告を出せる




何を隠そう、Facebook広告では100円から広告を出すことができます


本書、著者が登壇の講座の参加者で、広告費用たったの677円で売上20万を上げたお客様もいらっしゃいます。講座参加の翌日のことでした(笑)


あらゆるビジネスで使える




そして本書は単なるマニュアルではなく、

・どんな考え方でFacebook広告を運用したのか
・なぜこんなターゲティングをしたのか
・何を狙って文章を書いたのか

といった運用の考え方まで解説をしているので、本書の内容は、あなたがどんなビジネスをしていても、汎用性高くお使いいただけるはずです。


目次
  • はじめに

  • 1 Facebook広告とは?

  • 2 Facebook広告と他の広告の違い

    2.1細かいターゲット設定ができる 2.2ビジネスに使用しているユーザーが多い
  • 3 Facebook広告はいくらから始めることができる?

    3.1 Facebook広告の課金の仕組み
    1. クリック課金
    2. インプレッション課金(CPM課金)
    3.2 ではどちらの課金方法がいいのか 3.3 反応を得るために必要な広告費 3.4 始めはお金の出口を必ず管理しましょう
  • 4 どんなビジネスをしている人がFacebook広告を使うべき?

    4.1 では、どんなユーザー層がFacebookを構成している?
  • 5 Facebook広告とInstagram広告が連動しているって知っていますか?

  • 6 広告を使わないとFacebookはほぼ意味がない

    6.1 Facebookのリーチは現在8%ほど 6.2 なぜ、こんなにリーチが低いのか
  • 7 Facebook広告を使った成功事例

    7.1 3万円の広告費で210万円の売上が上がった起業塾
  • 8 Facebook広告を使った失敗事例

  • 9 成功、失敗事例からみる広告出稿のポイント

    9.1 広告で提案しているものは、広告ターゲットが望んでいるものか? 9.2 広告ターゲットに適した価格帯か?
  • 10 最初に表示される「マーケティングの目的」

    10.1 迷ったら「トラフィック」で基本は大丈夫 10.2 リード獲得 10.3 ブランドの認知度アップ 10.4 リーチ 10.5 エンゲージメント 10.6 アプリのインストール 10.7 動画の再生回数アップ 10.8 メッセージ# 10.9 コンバージョン 10.10 カタログからの販売 10.11 来店数の増加
  • 11 Facebook広告のターゲティングについて

    11.1 地域
    1.指定できるのは住んでいるだけかだけではない
    2. 国や県で選択が可能
    11.2 都道府県を指定する場合の注意点
    1.ピンポイントで設定することも可能
    2.表示したくない地域を設定することも可能
    11.3 年齢 11.4 性別 11.5 趣味関心 11.6 ターゲティングの設定の例
    1.乳幼児教室の場合
    【地域】
    【年齢】
    【性別】
    【詳細ターゲット設定】
    2.新卒採用イベントの場合
    【地域】
    【年齢】
    【性別】
    【趣味関心】
    11.7 広告のターゲティングには2つの考え方がある
    1.ざっくりとターゲティング
    2.細かくターゲティング
    では、どちらのターゲティング法がいいの?
    11.8 オーディエンスサイズの適値は? 11.9 ターゲティングの際の注意点 11.10 信頼度の高い情報一覧
    1.必須で入力するもの
    2.入力したくなるもの
    3.自然と取られる情報
    11.10 信頼度の低い情報一覧
    1.どうやって収集しているかわからない
  • 12 実は、Facebook広告のターゲティングを

  • 13 参考にすべきFacebook広告とは?

    13.1 いいねの数が多い 13.2 長い期間出稿されている
  • 14 広告の形式はどれを選べばいい?

    14.1 基本は「シングル画像」 14.2 カルーセル 14.3 1件の動画 14.4 スライドショー 14.5 コレクション
  • 15 広告文章の書き方のポイント

    15.1 テキスト 15.2 見出し
  • 16 アクションボタンはどれを選べばいい?

    16.1 基本は「詳しくはこちら▼」 16.2 ボタンなし 16.3 お問い合わせ 16.4 ダウンロード 16.5 クーポンを入手 16.6 見積もり 16.7 上映時間を表示 16.8 予約リクエスト 16.9 メニューを見る
  • 17 Facebook広告のコンバージョンを上げるコツ

    17.1 ターゲットを明確にするために専門雑誌を参考にする 17.2 リマーケティング広告、リターゲティング広告を仕掛ける
  • 18 Facebook広告の審査は厳しい

    18.1 画像の文字は20%以下 18.2 NGな文章表現
    1.「○○なあなたへ」とは使えない
    2.「100%」や「必ず」
  • 19 Facebook広告のメンテナンスについて

    19.1 効果測定の方法 19.2 目指すべき広告単価
    1.クリック単価
    2.顧客獲得単価
    19.3 メンテナンスをするタイミング 19.4 10万円の商品を売るのにかけてもいい広告費は?
  • 20 Facebook広告広告ポリシーを徹底分析

    20.1 広告審査プロセス 20.2 ターゲット設定 20.3 扇情的なコンテンツ 20.4 個人的特質 20.5 誤解を招くコンテンツや虚偽のコンテンツ 20.6 文法と汚い言葉
  • 21 まとめ

著者紹介

羽田野 哲平

(はたの てっぺい)

創業10年を迎える名古屋No1のプロモーション会社である株式会社ニュースパイラルの主任を務め、入社半年でたった一つの商品で売上7900万円を達成。

その後、筆頭コピーライターとしての地位を確立。しかし、学生時代は優秀な方ではなく、学校に上手く馴染めずに、学校にもほぼ行かずにゲームセンターに通う日々。なんとなく流れで大学に進むもやりたいことも特にないので、1年を何の収穫もなく無駄にしてしまう。大学2年次に「このままじゃだめだ!」と一念発起し、図書館に通う日々を過ごし、1年間で1000冊以上の本を読む。

そこで、自分の進むべき道は文章の世界にあると感じ、大学在学中に小説を書き上げ、その小説が300人以上在籍する大学の中で1番の小説に選ばれ、表彰される。

その後、自分の文章能力を活かせる道はないかと探す中で、株式会社ニュースパイラルの代表である鳥居と出会う。鳥居の人柄、マインドに惹かれ入社を決意し、プロモーション業界の道を進み始めた。始めは月に5万円の売上も満足に上げることができなかったが、株式会社ニュースパイラルという、多くの著名人、有名経営者と共にビジネスができる環境の中で「本当に結果の出るライティング」を研究し、入社半年でたった一つの商品を販売し、売上7900万円を達成。

特に、WEBを使ったマーケティング戦略と、対面でのセールスが得意。Facebook広告を使えば、初挑戦で3万の広告費で210万の売上をあげ、19年2月にはたった1週間の期間で、80万の広告費で1480万の売上を叩き出した。

常時5000万、3000万、1000万のプロモーションを連発し、コンスタントに株式会社ニュースパイラルの売上を伸ばし続け、23歳という若さでプロジェクトリーダー、さらには主任という立場になり、常に10人以上の部下を抱えて指導しながら、今も現場の最前線で売上を伸ばし続けている。