From.株式会社NewSpiral人事チーム...

決められたレールに従った
就活なんて意味あるの?

あるひとりの子を紹介させてください。2017年に入社したある子の話なんだけど、彼が株式会社NewSpiralのマーケッターチームにやってきました。

彼の名前は、羽田野哲平(はたの てっぺい)。名古屋の天白区にある東海学園大学に通っていた大学生でした。毎日、地下鉄(東山線と鶴舞線)に乗って大学に通い、本屋さんでアルバイトをしながら、いわゆる普通の大学生の生活を送っていました。

元々すごい才能があったわけでもなくて、いや、むしろ学校ではあまり評価されないタイプの学生でした。それでも、今の君のように就活を頑張って、ちゃんと内定は獲得したんだ。

でも…

そこでもらった内定は「営業」の仕事。でも彼は別に営業をやりたかったわけではないんだよね。泥臭く歩き回るような、人にお願いして買ってもらうような仕事ではなくて、スマートに売れる作戦を考えたりする仕事がしたかったんだ。

でも、周りの同級生もとりあえず営業に就職してたし、就職課の人たちもよくわからないけど営業ばっかり薦めてくる。

「営業は直接成果を実感できるからやったほうがいいぞ!」 って言ってくれるんだけど、なんかしっくりこなかったんだって。でも、わからないなりに努力してやっと内定をゲット! 内定を取った満足感と、一応第一希望だったのでそこに決めたんだけど…

必死に就活して勝ち取った
待望の「内定」
のはずなのに…

なんでだろう、自分が活躍できるを取ることをずっと目指していたはずなのに「内定」を獲得しても全然嬉しくなかったんだって、煮え切らないまま、結局内定式も迎えて、就活ももう終わり。そう思っていた彼の中にあった気持ちは、晴れやかなものではなくて…

ここで俺の人生
40年間が決まるの...?

いくら転職が当たり前になってきているこの時代とは言え、この先なにか転職しようと思っても全然関係ない業種には行くのは簡単じゃないし、結局ここでの人生の選択が、これから定年までの40年、いや死ぬまでの一生を決める大きな選択なんだって思うと、このことにどうしても自信が持てなかったんだって。

そう思った彼は、内定をすでにもらっているのに関わらず、他の会社を探し始めたんだ。

「こんな面白い会社が名古屋にあるよ」

再び、自分の気持ちに納得のいく仕事がしたいと思って、就活を始めた羽田野くん。そんなときに偶然、知ったのが、まさに株式会社NewSpiralのマーケッターチーム。そこはプロモーションという仕事をやるとこなんだ。

「え、プロモーションってなに?」

最初はそう思ったんだけど、よくよく話を聞いてみると、

・マーケティングという売れる戦略を考える人
・魅力的な文章を書くコピーライター
・ついつい見てしまうデザインを作る人
・人を引きこむ動画を作る人
・物語を漫画のしてくれる人

こんな専門家集団が集まって仕事をしているとのことでした。

「なんか面白そう…」

心を惹かれた羽田野くんは、まずは応募してみるととんとん拍子で話が進み内定をゲット。ワクワクする気持ちを信じて仕事をスタートしました。

いざ仕事をスタートしてみると...

1月目いきなり、「今度雑誌を創刊したいから作って。よろしく」....!?

株式会社NewSpiralの仕事は、今まで先輩たちに聞いていたような 「上司の指示で動かないといけない」「操り人形」「自分の意見は通らない」「認めてもらえない」なんて聞いていたものとは全く違うものでした。

働き始めて1カ月目のある日、ようやく一緒に働く人の名前を覚え始めたころ、いきなり社長から「羽田野ーこんな雑誌作りたいからよろしくー」と仕事を任されました。しかも、それはこれから作る雑誌の創刊号を丸々全部つくるというビックプロジェクトでした。

もはや突然のことすぎて、考える暇もなくただ「やります!」と答えました。当然、今までそんなものを作った経験なんてないし、1カ月目だから何の技術も経験もありません。そもそも、まだまだ先輩の後ろに立って学ぶものだと思ってました。

でも、やるって言った以上、今さらできないなんて言えないから持っている知識を総動員して、何をするのか、どうするのか、色んな人のアドバイスをもらいながら、その雑誌を完成させました。


MyGOAL創刊号
すると…

「すごいね! 次はこれよろしく!」
とまた新しいチャレンジをさせてくれました。

そんな状態で何度も何度もチャレンジを繰り返した結果。

- 働き始めて、半年の新卒 -
「1つの商品で売上7900万円」を叩き出し
会社のプロジェクトリーダーに


株式会社NewSpiral 代表取締役社長
鳥居昇太
「羽田野は必ず結果を出してくれるから、会社で一番信頼してます」

会社の社長である鳥居は、彼のことを信頼していて会社の仕事全て待たせるプロジェクトリーダーに任命しました。

羽田野くが出した実績を少しだけ紹介すると…

1つの商品を販売して、売上7900万円を叩き出すことができました。しかも相手は自分で会社を持っている社長さんたち。自分の親よりも年上の人に認めてもらいながら商品を販売することができました。

「自分で考えて行動するのが当たり前。
自分もそれを望んでいるし、それを評価してもらえる」

僕は昔から言われたことをただやるっていうのがどうしても苦手で…なんか自分の頭で「これだ!」と思ったものしか納得して行動できないんですよね。でも、株式会社NewSpiralの仕事は、最初から自分の頭で考えて意見を言うことを求められていて、それが僕の性格にすごいマッチしてました。正直初めはめちゃくちゃ不安でしたが、「やります!」って言ったら年齢、経験問わずに信頼して任せてくれるのが本当に嬉しかったし、自分の成長に繋がりました。

もしあなたが、今持っている内定に
心が決まらないなら
本当に自分をひとりの人間として
挑戦させてくれる環境に身を置いてみない?

羽田野くんがいる、株式会社NewSpiralは、まだ滑り込むことができます。実は今度、会社の体験会をやることになったんです。

これは、よくある会社見学とは違うものです。

普通、こういう企画は、ただ先輩の仕事ぶりを見るだけですよね。ですが、今回は「あなたにこんなものを作って欲しい」と企画を出すのでそれをあなたの頭で考えて作り上げてもらうというもの。

君の実力を示すいいチャンスだと思わないかい?


株式会社NewSpiralの
4つの特徴

自分で考えて、
自分で決める


上から口うるさい指示はしない
自分で何が必要なのかを考えて、
目標を達成するために何をするかは君が決めて。
(※もちろんアドバイスもするから安心して笑)

圧倒的な自由

髪型も服装も自由。
そんなものにはこだわらないから あなたは一番実力を発揮できる恰好にして
(羽田野くんは普段テニスウェアで仕事をしているよ)

年齢なんて関係ない
実力主義


実力が全てだから、
新卒1年目でも実力できちんと評価をする。 羽田野くんはたった1年で主任になったよ。
(主任って普通は7,8年働かないとなれないもの)

「挑戦」は大歓迎

失敗してもいい。
失敗を責めることは決してしない。
行動することを僕らは評価する (行動していれば実力は後からつくからね)

もし、少しでも面白そうと思ったのなら…
実力試しにきてね!

11月30日(金)10時~19時
@名古屋

ここまで読んでくれてありがとう。きっとここまで読んでくれているということは、君はかなり自分の詳細のことを真剣に考えていて、活躍できる職場が欲しいと強く思っているんだろうね。そんなあなたにはぜひ僕らの1Day体験会に参加して、僕らの言っていることが本当か確かめて欲しいと思っています。

羽田野くんのように、会社に入ってよかったと強く思う子を僕らは今年も集めたいと思っているからね。

一番成績のよかった君には
僕らからも「内定」
プレゼント!

そして、当日は君の実力もみたいと思っている。このページをここまで真剣に読んでくれて、さらにすごい実力を持っていると僕らが判断したら、内定を即日プレゼントしようと思う。

僕らが渡す内定が君の心をワクワクとさせるものならぜひ受け取ってほしい。

今、君は人生の重要な
選択肢の目の前にいる

親や先生に口うるさく言われてるだろうけど、本当に重要だから僕らからも伝えたい。君は今、人生の重要な選択肢の目の前にいるんだ。

3月までに決めた選択肢がこれから先の人生を大きく決めることになる。大学は4年間、高校は3年間だったけど、そこを選んだを後悔している部分があったりしないかい?

今の君の選択が今後の残りの人生の面白さを決めるとなんだ。

心が決まらないままに
先に進んだら
君は絶対に後悔する

僕らはただ自分たちの会社に来てほしいわけじゃない。いま君たちが置かれているそんな重要な選択肢の目の前で、心が決まらないままに先に進んで欲しくはないんだ。

これは君の人生だ。本当に自分らしく、面白いと思うことを存分にやった方がきっと楽しい人生になると思うよ。

もし、僕らの会社なら楽しい人生が送れると思ったら、一度僕らの会社に遊びに来てくれよ。

今すぐ1DAYセミナーに参加する

■開催場所
株式会社NewSpiral 名古屋事務所
愛知県名古屋市中村区岩塚町字一里山1−9 萬勇ビル2F
■開催日・時間
11月30日(金)10時~19時
■スケジュール
10時~12時 今回のお題説明
12時~13時 みんなで手作りご飯を食べよう
13時~18時 君の実力を見せつけよう
18時~19時 社員の人柄を知ってもらうための演劇
19時~ ビュッフェ形式の食事会
※服装は私服でもジャージでもOK 社員も超ラフな格好だから
※先着10名限定だから、参加は早めにね