1. TOP
  2. ニュースパイラルの事業を紹介!多岐にわたる4つの部門

ニュースパイラルの事業を紹介!多岐にわたる4つの部門

 2020/04/10 新卒関連 業務紹介
この記事は約 5 分で読めます。 88 Views

こんにちは!

新入社員の岸田です。

近頃は風の強い日が多く、花粉症の私には快適とはいえない日々を送っています。

 

皆さんは「株式会社ニュースパイラル」と聞いてどのような事業が思い浮かぶでしょうか?

なかなか自信をもって「これです!」と言える人は少ないのではないでしょうか。

 

今は無事に研修を得て攻略することが出来ましたが、

内定を頂いた時、「どのような職種があって、どのような仕事をしているのか」大まかに理解出来ていましたが、詳しい事業までは正直なことを言うと理解しきれていませんでした。

企業の事業を理解するということは本当に難しいですよね。

 

今回はニュースパイラルの事業をわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

ニュースパイラルの事業は

 

出版物の企画

制作及び販売

スクール運営

セミナー主催

企画運営

 

があります。

その中でも部門で分かれており、

 

マーケティング部門

セールス部門

自己啓発部門

出版部門

の4つに分かれています。

 

名前を聞いただけではわからないものも多いですよね。

順を追ってにお話ししていこうと思います。

 

マーケティング部門

「マーケティング」と聞いて何が思い浮かぶでしょうか?

「商品、サービスのプロモーション」をイメージする方も多いのではないでしょうか。

もちろんこれもマーケティングと言えます。

 

弊社では、年商10億年突破の仕組みを目指す経営者、起業家、個人事業主を対象に事業を行なっています。

 

内容としては

 

・マーケティングに関するコンテンツ提供(オンライン・DVD・CD)

・セミナー、セミナー合宿

・通信講座の販売

・ビジネススクールの運営

など

 

「WEBマーケティング」を主に行う弊社では「マーケティング部門」は重要な役割を果たしています。

 

ネット社会の発達に伴い、Webが身近な存在となりました。

通販サイトで買い物をすることも多いのではないでしょうか。

私は結構ネットショッピングしてしまいます。時間短縮などできて便利ですよね。

 

消費者である、お客様がネットに触れる機会が多いことに伴い、

インターネットでビジネスをするのが主流になってきた現代においてWEBマーケティングは欠かせません。

 

セールス部門

4つの部門の中では、名前を聞いただけで一番想像が付きやすいのではないでしょうか。

ですが、一般的な「セールス」とは少し違い、

 

セールスを不要とする販売戦略の仕組みを目指す中小企業の社長・経営者を対象としています。

 

物を販売するというよりは「商品を売るための知恵、情報を販売する」という言い方が良いかもしれません。

 

主に

 

セールス、販売に関するコンテンツの提供や、セールスに関するセミナー・合宿。

通信講座の販売。

ビジネススクールの運営などをしています。

 

自己啓発部門

「自己啓発?」何だそれ。

と思う人も多いのではないでしょうか。

 

私も初めはお恥ずかしながら、「自己啓発」の意味がわかりませんでした。

 

自己啓発とは簡単にいうと、

「自分の能力を高めたい」「精神的な成長したい」と思い、そのために時間とお金を掛けて行動する事です。

自分への投資とも言えます。

 

例えば、語学力を高めたいと思い英会話に通う。ことも自己啓発とも言えます。

留学も同じ事ですね。

 

弊社は自らを変革したいビジネスパーソンを対象

自己啓発に関するコンテンツの提供や、セールスに関するセミナー・合宿。

通信講座の販売。

ビジネススクールの運営などをしております。

 

ここでお気づきかもしれませんが、今までご紹介した部門「マーケティング」「セールス」「自己啓発」の3つの部門はそれぞれ、

専門分野に特化した部門になっており、より深い「知識」をお客様に提供する事ができます。

 

ちなみに私は自己啓発部門のコピーライトを担当させていただいております。

 

出版部門

ここにきて何故「出版」と思う方もいるかもしれません。

この出版部門では、起業家・起業家志望の人々の対象に、

毎月「知恵・事例・フレームワーク・手法」をまとめた一冊を会員限定で販売しています。

 

また、様々なビジネス本、電子書籍も作成しています。

 

「知恵を提供する」という事業を行う弊社は出版部門があることによって、

3つの部門が成り立っていると言えます。

 

ニュースパイラルはサッカーチームに深く関わりがあり、近頃は「月刊オーシャンズファミリア【OCEANS FAMILIA】」を発行しています。

 

まとめ

今回はニュースパイラルの事業と多岐にわたる4つの部門についてお話ししてきましたが、少しはお伝えする事ができましたでしょうか。

 

完璧に理解することは難しい事であると思います。

実際に私も研修を重ねる事で徐々に理解をしました。

 

「知恵を提供する」ことに重きを置いているニュースパイラルは、

「自分を高めたい」、「自分を成長させたい」方を募集しております。

 

私たちと一緒に働いてみませんか。

きっと自分を成長させる事ができ、弊社ニュースパイラルも共に成長できると感じています。

 

心よりお待ちしております。


\ SNSでシェアしよう! /

ニュースパイラル 名古屋事務所 公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニュースパイラル 名古屋事務所 公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 隣で暴れる小さな巨人

    • 社会人になって克服したこと〈実務編〉

    • ニュースパイラルのYouTubeの裏側はこうだ!

    • 会社に漫画!?ニュースパイラルの漫画事情報告書vo.2

    関連記事

    • 【今夜は】会社で手作りキッチン?!【バーガーで決まり!】

    • 新卒でも仕事の中心に携われる! ニュースパイラルの出版会議に密着! 編集者の仕事とは・・?!

    • 名古屋の会社ニュースパイラル!働きやすい職場環境とは?

    • 【就活中の学生必見!】あの林さんも所属する、カスタマーサポートの業務を紹介!!

    • 新入社員の研修や仕事内容を見てみよう

    • 出版チームのおにぎりさんが旅に出ます。出張についてちょろっと触れます(*^^)v