「また今月も売り上げ悪いなぁ……」と思ったり、「従業員に支払う給料を考えると気が重い」「毎月の固定費が地味に痛い」と頭を抱えることはありませんか?社長であれば、一度は必ず、頭をかかえるほどの悩み。でも、当然ですが、これらの問題は金銭の支払いに関わることですし、結局は売り上げを上げることができれば全て解決できる問題です。

だからこそ、とにかく売上を上げていきたい。大きく利益を残していきたい。そんな気持ちがあなたにあるならば、この先のお話はきっと、あなたのお役に立てることでしょう。


あなたは、一人でも1億円を売上げられる商売は?と聞かれて答えられますか?実際に一人で1億円を売上げたことが無ければ、わからなくても仕方ないかもしれません。でも、本当に1億円を売上げることが可能になったら、あなたの商売の環境は確実に変わりますよね?もう支払いに頭を悩ませることも無いでしょうし、そこまで売り上げられれば、さらに事業を拡大していくことも容易くなるはず。

現代でそこまでの金額を売上げるためには、ズバリ「通信販売」を活かした商売をすることが必要です。まずあなたにお伝えしたいのは、商売で通販を活かせていない時点で、あなたは気付かないうちに大損をしてしまっているという事実です。

「インターネット販売なら既にやってるよ」と思うかもしれません。ですが、正しく活かせているかどうかは別の話です。例えば、通販で多いのが割引などのキャンペーンです。多くの会社は、ライバルと安売り合戦をしているのです。そんなことをしなくても、高単価で繰り返し受注できるリピートや初年度1億円を達成するハイスピードのやり方が存在します。

また、市場を変えるだけで莫大な利益を出す方法があります。例えば市場の話になりますが、日本の人口と中国の人口はどちらの方が多いでしょうか?答えは当然、中国ですよね。日本は約1.2億人ですが、中国は13億人います。

何故そんな質問したかと言うと、狭い日本でシェアを狙うより、単純に13億の市場を狙った方が売り上げは伸びると思いませんか?その巨大市場を狙うにしても、わざわざ自分が飛行機に乗り、荷物を担いで売りに行く必要はありません。

それを可能にするのが通販です。自社で通販サイトを作っていたとしても、狙う市場が違っていたら活かせているとは言えないでしょう。このようにただネット販売を行うにしても、狙う市場を間違うだけで、狭い市場で、ライバル業者との血みどろの戦いをするということになってしまいます。

そして、

「売れない」
「支払いが滞る」
「ライバルとの安売り合戦で疲弊」

という悪循環に陥ってしまうことが目に見えているのです。

「中国と取引? 気が引けるな……」ということもあるかもしれません。ですが、現実として巨大な市場があるのに、狙わないで放置するというのはただの大損です。やらなければ単純にあなたが損をするだけ。これは、その国が好きか? 嫌いか? という次元の低い話では終わらないのです。しかも話はこれだけに留まらず、、、、


真面目に商売を営んでいるとしたら、キツい事実かもしれません。しかし残念ですがこれから先、現実の商売だけでは確実にジリ貧になります。スマートホンが普及しインターネットで買い物をする人が増え続けている現代では、どんな業界も「通販」無しでは、売上の限界も見え、厳しい戦いになると目に見えています。

電車に乗っている乗客たちを見ていればわかりますが、多くの人たちが下を向きながらスマートホンをいじっているという事実があります。乗客たちは一体、スマートホンをずっといじって何をしていると思いますか?それこそ、通販サイトやアプリストアなどで買い物をしているのです。現実の店舗に足を運ばなくなった反面、便利で素早く自宅に届けてくれるインターネット通販に客足が伸びています。

現実の店舗だと、これは全てできないことです。理由は簡単です。店舗にわざわざ足を運んでもらい、ネット通販よりも高い金額を出して買っていただき、しかもお客様自身に持って帰っていただく必要があるからです。



と思うかもしれません。ですが、ネット通販で売る場合はたった一人で1億円が可能です。つまり、従業員も必要なく、社長一人だけで良いという話です。逆に言えば通販でない場合、ここまで売上げる商売をたった一人で作り上げるのは無理だと言わざるを得ません。

また、「通販は凄いスタッフの数がいると思うし、お金も掛かりそう」と、思うかも知れません。しかし、それも違います。通販と聞くと難しいイメージがあるかも知れませんが、やっていることは同じです。そして、大企業のやり方とは違います。そのため、お金は一切、掛かりません。

実際、通販コンサルタントとして活動されている白川先生のお話しでは、今まで通販を本格的にやったことがない0からの状態でも、6か月で1億円規模の商売に成長させることを100%出来ているのです。現に、最初は全く通販経験が無い状態で独立しました。ですがそれから22年もの間、結果を出し続けています。立ち上げた通販ビジネスの数は350社を超え、5年で100億円を売上げたこともあります。

白川先生の通販ノウハウは業種を問わず、商売の基本に則したものであり、それが長年の成功を裏付けていると言えます。そして今回、白川先生が通販の成功マインドをお伝えする講座ができました。それが・・・


1億円通販ビジネス習得講座は、先生自身が行ってきた通販の秘訣や、実際にコンサルティングで教えている、商売の成功法則をお伝えする講座となっています。さらに、それだけではなく、たった一人で6ヶ月1億円、5年で100億円を達成してしまう、白川先生のマインドも習得することができます。いわゆる商売繁盛の考え方です。そして、商売の原理原則を忠実に再現したものであり、通販でなくとも通用する考え方です。いわば、商売で成功するための本質を突いた鉄板ルートのようなものです。

今までに100億円以上を売ってきた人間の考え方をトレースできれば、あなたも一気に成功のチャンスを手に入れることができるでしょう。もし、「売り上げを上げて成功する商売がしたい」、「22年間もの間積み重ねてきた、膨大な通販の成功法則を手に入れたい」、そして「経営者として真の意味で成功を収めたい」と思うのでしたら、きっとこの講座はあなたのお役に立てることでしょう。

では『1億円通販ビジネス習得講座』の内容を一部、ご紹介いたします。


前編は白川博司先生による、一人で1億円を稼ぎ出す通販のマインドの講座となります。

  • 日本国内での商売の常識を変える、あるターゲット層とは?
  • 時代の流れを読めずにターゲット層を間違えると、どんな優れた商品や商売のやり方であっても成功できません。先生もこの層をターゲットと据えることにより、日本国内でも結果を出しています。 この層をターゲットとする商売を展開することで、これからも伸び続ける可能性が高い分野を相手に売り上げを伸ばしていけるでしょう。

  • 国外で売る際に扱うべき商材とは?
  • あなた自身がオリジナルの商品を持っているならばそれに越したことはないのですが、必ずしもそうではないでしょうし、現在通販向きの商品を扱っていない場合はどうすればいいでしょうか。その場合は基本的に他社の製品を仕入れて国外で売る形になりますが、その際にもある条件の下で扱う商材を決める必要があります。現地に受け入れられる可能性が高い商材を扱うことで、シェアを一気に拡大することもできるでしょう。

  • 国外で商売を展開する際に、一番気を付けなければならないこととは?
  • 商売をするにあたって商品に気を使うことは大事ですが、同時に気を付けなければならないことが存在します。むしろ、このポイントは何を扱うかよりも重要です。このポイントを重要視していない場合、国外での通販は上手くいかない可能性が高くなります。ポイントをつかめさえすれば、販路拡大のための第一関門は突破と言え、売るための基盤づくりが出来たと言っても良くなるでしょう。

  • 東南アジア諸国に販路を拡大するにあたって気を付けるべきこととは?
  • いきなり海外に行って「この商品を扱ってください!」と言っても、さすがに無理があります。販路を拡大するためにはある基盤を築く必要があるのです。諸国に行って何をすべきか知ることで、「行ったはいいけど、どう商売をすればいいのかわからない」などということはなくなり、現地との強力なパイプを作るための足掛かりとなることでしょう。

  • 商売相手に日本国内を選んではいけない本当の理由
  • 日本に住んでいるのですから、馴染みのある日本を相手に商売をしたいと思うのはある意味当然ですよね。ですが、住むのとは違い、商売で日本を相手にしてはいけません。総人口が少なく、ライバルとの安売り合戦になりやすいというデメリットもありますが、それ以上に長期的に考えて、日本を商圏とするには不利な理由が存在します。これを知れば、なぜアジアを相手にした方が良いのか本当の意味でご理解いただけるでしょう。

  • 有名人と簡単に知り合いになる方法とは?
  • 芸能人や本の著者など、有名人と知り合いになるのはとても有効です。彼らは世間的に強い影響力があるので、商品をSNSなどで使っている場面を紹介などしてもらえれば、爆発的に認知は広がることでしょう。でも有名人と知り合うのは難しいのでは?と思えるかもしれませんが、実はとても簡単なのです。有名人との知り合い方の実例をご紹介いたします。

  • どういった人との人脈を作ればよいのか?
  • 海外で売ることになれば、現地の人との人脈はとても大切です。でも誰でも良いわけではありません。仲良くなっておくべき人脈の人が存在します。最初からターゲットを絞っていけば、人脈づくりがスムーズになり、スピード感を持って仕事を進めることができるでしょう。

  • お金が無くても新しいことを始める画期的な方法とは?
  • 意外かもしれませんが、お金が無くても新しい事業を始めることは可能です。これは現代だからこそできることであり、一般にもかなり浸透した方法です。この方法でならば、失敗の可能性も極限まで減らせ、しっかりとテストを行った上で本格的に参入するといったことも可能になります。

  • 経営者が見落としがちな商売の基本と、発想の転換とは?
  • 経営目線で考えると、どうしても売ることばかりを考えてしまいます。でもお客様はそれでは付いてこないのが現実です。この発想を変えることで、お客様にとって心地良い買い物ができるようになり、それまで以上に受け入れられるようになるでしょう。

  • 通販の一番売れる時とは?
  • 通販にはゴールデンタイムが存在することをご存知でしょうか? 実は一週間のうちに最も爆発的に売れるタイミングというものが存在するのです。このタイミングを上手く狙って、セールなどの企画を投入すればより大きな成果が期待できます。ではどのタイミングがベストなのか、講座の中で解説しています。

  • 【早い者勝ち】通販でまだ誰も参入していない、未開発の分野とは
  • 実はまだ誰も参入していない分野の商品というものが存在します。確実に要望はある分野ですが、それに対応する商品というものが未だに無いのです。このチャンスをいち早くつかめば、その分野の一番の商品となる可能性は高いと言えるでしょう。

  • 通販において最も必要な考え方とは?
  • 通販は特別な商売ではありません。ですから、ある考え方を持たなければ成功から遠ざかってしまうでしょう。売れない通販を行う人の場合は、基本的に通販の考え方が分かっていません。その基本の部分を知るだけで、全く違う結果が待っていると言っても過言ではないでしょう。

  • 良いだけの物は売れません。では売れる商品と売れない商品の違いは?
  • 日本国内でもそうですが、なぜ売れてるのかよくわからない商品というものがありませんか? 品質としては優れているわけでもないのに、なぜか爆発的な人気があったりします。売れる商品には法則が存在しています。何が必要なのか解説しているので、あなたの商品も付加価値を高めることができるでしょう。

  • 現在、年間で1万円の買い物の人に、年間100万円を買ってもらうには?
  • 一人のお客様が多く買い物をしてくれればそれだけ楽に売り上げを伸ばすことができますよね。でも今まで1万円しか買ってくれなかった人がその100倍も買ってくれるためにはある見直しが必要かもしれません。何を変えていけばいいか、解説しています。

  • 売れる通販の常識はずれの仕組みとは?
  • 売れている通販業者は、実はとても非常識な販売の仕組みを取っています。普通の店舗経営を基準に考えていたら耳を疑うかもしれません。でも、売れている業者はこれが当たり前なのです。売れている例を参考にして、やり方を変えてみることをお勧めします。

  • 通販をやるにあたって向いている考え方とは?
  • 人には向き不向きがあるように、どんな人でも通販に向いているとは言えない現実があります。通販は小規模の人数でやるのが基本なため、人間的に問題がある場合はそれを是正してくれる人間もいません。全ては経営者の一存で決まってしまうためです。

    ですが通販に限らず、どの商売をやるにしてもこのマインドを持っていなければ成功は難しいと言わざるを得ないでしょう。ではどんな気持ちを持って商売をするのがいいのか。先生の話を参考に、日々の考えに変化を付けていってください。

  • 将来的に食えなくなる仕事とは?
  • ニュースなどでも時折放送されることがありますが、将来的に職種自体が消滅するであろうと言われているものが沢山あります。職種が無くなるということは、=失業ということです。未来を予測する上で必ず知っておかなければなりません。これを把握することで、逆に伸びる分野というものも見えてくるようになるからです。

  • なぜ通販に移行していかないと危なくなるのか?
  • 上記と連動するような話ですが、いらない職業が淘汰され、通販が主体に移行するようになるでしょう。今は必要とされていても、必ず衰退して移行していくことがわかっています。今のうちに時代変化を流れを感じ取っておくことは、これからの商売で必要となることです。

  • 新しい商品を売るにあたって、楽で有効な営業方法とは?
  • 新商品を売るためには、営業は必須です。楽に売るために最も有効な方法があります。しかもこの方法なら、短い時間の間に100件などの複数のお客様に知らせることができます。楽に売れる営業方法を用いて、あなたの商品をどんどん売ってください。

  • 長くお客様に買い続けてもらえる商品と、買い続けてもらうコツとは?
  • 一回買ってもらって終わりではなく、何度も買ってもらえるのが理想ですよね。そのためには力のある商品と、買い続けてもらう方法が必要です。商品づくりのコツと、買い続けてもらうコツが存在しますので、存分に利用してください。

  • 一発で信用を全て失う、絶対やってはいけないこととは?
  • どんな商売でもそうですが、絶対やってはいけないことがあります。特に通販では厳禁です。これをやったら一発で商売人生が終了すると言っても過言ではありません。予防のためにも、ぜひ知ってください。

  • 出店する際に利用しない方がいいサイト
  • 通販のノウハウがわかったとしても、出店先は大事です。ここを間違えてしまうと、システム上の仕組みの違いで売れ行きが変わってくるからです。特に、出店者に儲けさせることを全く考えておらず、搾取するのが目的な場所は出店するだけ無駄です。逆に赤字ばかりが膨らむことになります。 そういったサイトの仕組みを理解することで、損失を事前に防ぐことが可能でしょう。

  • 10億の会社まで成長させるにはどうすればいいか
  • 通販は冗談抜きで、一人で1億を達成するのも普通な業態です。ですが、それよりも大きい規模を目指すとなると、一人では限界が来ます。限界を設けずにさらに発展していきたいと考えるならば、ぜひこういった大きな考えも視野に入れてください。その際には従業員を雇う必要が出てきますが、どういう人材を入れるのが最適なのか。通販に特化した人事の選び方を知っておくことで、無駄のない営業が可能でしょう。

  • 10億企業まで成長させるために把握すべき、たった1つの人事のポイント
  • 新しく従業員を雇うことにした場合、ある1つのポイントに気を付けてください。勘違いすると、必要のない人材を雇ってしまうことに繋がります。最適な結果を出す人材の選び方を知り、スムーズな事業展開をしてください。

  • 現状の物を利用してお金を生み出す方法とは?
  • 現状、あなたが持っている物だけでお金を生み出すことが可能です。物の価値観を変えることで、新たな商材とすることもできるのです。更に上を目指した経営の際にはぜひ取り入れてみてください。

  • アジアの中でも本当にターゲットにすべき層とは?
  • アジアをターゲット層に据えると有効なのはお話ししましたが、さすがに誰でも良いというわけにはいきません。その中でも本当に商売相手として向いている層がいます。より良いターゲットを見極めて、あなたの商品の価値を強く理解してくれる人と商売をしましょう。

  • ※危険※ 通販で絶対失敗する行動の仕方
  • 面倒くさがりな人は要注意です。いくら成功ノウハウを知っていたとしても、間違った行動をしていたら絶対に失敗します。具体的にどういった行動をすべきなのかお話ししているので、それに則った行動をしていって成功を勝ち取ってください。


ここからは通販コンサルタントである白川博司先生と、経営コンサルタントである武沢信行先生のお二人による、ビジネスマインド講座となります。

  • 嫉妬に負けず、自らを今より高める方法とは?
  • 嫉妬は人の気持ちを停滞させます。人を妬み、高みから引きずり落としたいと思っている状態なので、人の足を引っ張るだけで自分は成長しません。その気持ちを変え、自分を高める良いマインドがあります。自分が変わっていくことで、悪い環境そのものを変えることも不可能ではありません。

  • 周りよりも早く確実に結果を出すための行動方法
  • 結果が出ない人には特有の行動があります。その真逆にいる人こそが、実際に結果を出して輝かしい活躍をしているという現実があります。その行動を知り、成功している人の行動を真似してみてください。頑張った先には必ず道が続いています。

  • 確実に達成できる目標の立て方
  • 目標を立てても達成できなければ意味がありませんよね。目標の立て方にはコツがありますので、お伝えします。毎日その目標をクリアしていくことで、確実に大きな目的にまで辿り着く日が来ることでしょう。

  • お客様に選ばれる商売にするために、気を使うべき場所とは?
  • 何もせずしてお客様に選ばれるようにはなりません。そこに至るまでには、経営者がある考えのもとで商売を作っていく必要があります。白川先生自身もやってきた考え方の基準をもとに、自分の意見をしっかりと持ってください。

  • 不可能に思えることでも可能になってしまう考え方とは?
  • ハードルの高いことを目の前にすると、やる前から諦めてしまう人が大半です。でも一見不可能に思えることでも、考え方や行動を変えればどうにかなることが多いのも事実です。高いハードルでも超えていける考え方を身に付け、さらに高い目標へと挑戦していってください。

  • 愛され上手になれる方法とは?
  • 愛され上手は自分の望みを叶えやすいと言えるでしょう。愛されない人よりも周りの力を多く借りられることが多いからです。ではどうすれば愛され上手になれるのか、多くの人脈を付けて成功してきた先生の考え方を知ってください。

  • 人と会うときに時間を無駄にしない基準とは?
  • 人と会って関係を築くのは大事ですが、誰でも会えばいいというものでもありません。会うかどうかを決めるための正しい基準がありますので、あなたや相手にとってベストとなる人と会える環境を作っていってください。

  • 自然と人脈が付くようになる行動とは?
  • 人脈を作るといっても、簡単にはできませんよね。でも白川先生は実際にアジア諸国で数々の人脈を作ってきました。どういう行動をとっていれば人脈が付くようになるのかお伝えしています。この行動で、あなたが人脈を作ろうとしなくても、周りの方から寄ってくるようになるのです。

本講座はDVDだけではなく、オンライン講座もご用意しています。そのため、場所を選ばずにご視聴が可能です。電車の中で移動中の空き時間に視聴していただくこともできますし、ご自宅でパソコンを使い、ゆっくりと腰を据えて学んでいただくこともできます。あなたのライフスタイルに合わせたペースで、学習を進めていただけます。これらは講座の一部です。本講座ではさらに多くのマインドをお伝えしています。


インターネットを活用した販売を軽視している場合、これから先の時代さらに厳しい現実がやってくるでしょう。現実の店舗だけで売ろうと考えていても、限界があります。基本的に店舗周辺の人しか来ず、遠方からのお客様は望めません。来てくれたとしても、常連客になることはまずありません。

お客様の所得も年々減り続け、さらに買い物をする人は減ります。そしてライバルとの価格競争に巻き込まれるというパターンが日常化します。これを避けるために通販の分野で本格的に攻めるのは、時代変化に乗る上でとても重要です。まず商圏が一気に拡大し、世界中へと広がります。実店舗を持つ必要もなくなり、土地代やテナント料など、大幅な固定費の削減ができます。

しかも店舗が必要ないため人件費も削減でき、社長一人でも1億円を実現できる商売ができるようになります。実際、通信販売で成功するためにはどうするのが正しいと思いますか?ネット上で販売できるホームページを用意している企業というのは当たり前にありますが、活用できている企業はほんの一握りです。

ただホームページを用意してあるだけであり、そこから注文が入ることはほとんどありません。せっかくのネット販売を全く活用できておらず、ホームページを用意しただけでやった気になり、注文が入らないことを見て見ぬフリという実態が多いのです。

つまり、これでは通販を活用しているとは言えません。ポイントになるのは、いかに少人数ローコストで利益を出すのか、ということです。そんなことを言われてもやり方がわからない、という人が大半でしょう。

でも安心してください。実際に白川先生が辿ってきた人生の中から、成功した通販の事例ややり方をお伝えしていく、本編とは別の対談動画をお付けすることにいたしました。





白川先生の通販マインドは、自身が億の単位を当たり前に売上げてきた過程から生まれました。そのマインドをあますことなくお伝えしている今回の講座は、実際に通販に挑戦し、結果を出していけるだけの価値があるものと言えるでしょう。

事実、白川先生の通販コンサルを受けた会社は、結果を出してきています。「6ヶ月以内に結果が出なければ契約終了で構わない」というスタンスで自らに縛りを付けてきた先生は、シビアな目線で22年間の実績を作ってきました。

そのため、先生の実績などを考慮しても、そのマインドには実際に通販で成功できるだけの力があるということが証明されていると言えます。でも、ただそれだけの理由であなたに白川先生のマインドを公開しようと思ったわけではありません。

断言させていただきますが、これから先少なくとも20年間は通販全盛の時代がやってきます。連日テレビなどのニュースでも、Amazonや楽天、Yahoo!といったインターネット事業者の名前が年を追うごとに頻繁に出るようになりました。それに連動してネットで買い物をした商品を届ける宅配業者の過労問題が浮き彫りになったのも、記憶に新しいところです。

つまり、それだけ現実の店舗が市場として縮小し続けており、主な市場が通販に移っているということが言えるのです。そういった意味も込めて、時代に乗り遅れないよう、あなたにお知らせしたいと思ったのです。通販を軽視し、昔ながらの店舗経営を続けている個人のお店などは、この先どんどん姿を消していくでしょう。現に、この10年20年を見ても、多くの会社が潰れています。

いち早く成功の波に乗るために、本当にすべきことをお伝えしているこの講座をおすすめしています。ですがあまり高い価格では、本物のマインドを手に入れたいと思っても手に入らない人が出てきてしまいます。それを考慮して今回は発売記念価格とし、1億円通販ビジネス講座の価格は、10,000円(税抜)でご提供させていただくことにしました。

発売記念のキャンペーン終了後は値上げをさせていただくことになりますので、ご注意ください。ですがこのページでお申込みいただければ、上記のキャンペーン価格でお申込みいただくことができます。この講座であなたに達成していただきたい目標は、社長一人で1億円の通販を生み出すことにあります。

それがたったの10,000円(税抜)でゴールまでの道を知ることができるとしたら、あなたにとってどのくらいの価値があるでしょうか?



※講座内容は、何度も視聴可能なオンライン動画講座となっています
※筒井先生のこれまでの経験談、ビジネスについてのお話、これからのビジネスの発展についてなどの動画が収録されたプログラム
※特典として筒井先生との特別対談動画が付きます(もちろん特典は無料で、全体価格の中に含まれています)
※講座価格は10,000円(税別)となります。(特別価格となっており、次回は値上げとなります)


今何か商売をやろうと思ったら、インターネットでの販売ページを作るのは当然の時代となっています。ですが、本当の意味で通販を使いこなせている経営者というのはごく少数です。ですがインターネット通販は世界中とつながれるのが最大の魅力であり、メリットなのです。商圏は日本だけにとどまらず、地球の反対側とも繋がれます。これからの時代を勝ち抜いていくために、通販ノウハウはどんな企業でも必須のものとなりつつあるのです。

白川先生自身も、元々は50歳までサラリーマンをしていました。でも漠然と「何かやりたい!」その気持ち一つで独立し、当時興味のあったインターネット通販を始めたのです。経験が無くても商売で結果を出すのは行動次第で可能なのが、先生で証明されています。そして、今では一時間10万円のコンサルフィーを当然に取れるような実力にまでなったのです。

インターネット事業も成熟期になり、ますますこれからはネット通販が当たり前になることでしょう。時代の流れに乗り、あなたの商売を拡大していくために、通販のノウハウは必ず力になってくれます。

「今よりも理想の商売環境を実現したい」もしそう思うのでしたら、ぜひ白川先生の講座を受けてみてください。