と、あなたは悩んでいないでしょうか?多くの経営者が開業して店舗を構えれば「お客さんはやってくる」と思ってしまうのですが、 現実は違いますよね。店舗を構えても人は来ません。ただ、繁華街の一等地であれば、ある程度はお客さんが来るかも知れません。

けれども、良い場所というのは競争率が高く、また、坪単価が高く、大企業でない限り人は出店することはできません。だからこそ、 経営者は店舗を構えた後、幻想を抱くのではなく、集客をやらなければ、生き残ることはできません。

なので、店舗じゃない会社というのは、もっと大変です。だからこそ、10年以内の会社の生存率は4%と未だに変わらないのです。 ただ、お客様が今よりもっと来てほしいと思っているけど、これ以上どうすればいいのかわからない……。 こんな状態であるのであれば、今からお話しすることはきっとあなたのお役に立てるでしょう。5分ほどお時間を取り、この先を読み進めてください。

まず、結論から言ってしまうと、現状で集客に一番効果が期待できるのはチラシと言われています。でも・・・


ですが、”ある理由”により、最近また再びチラシ集客が威力を発揮するようになりました。しかも店舗系、 地域密着型のビジネスであれば尚更です。離れた地域ではなく、その地元のお客様たちを呼んだり、 即効で多くのお客様を呼ぶ必要があるようなキャンペーンなどの場合、チラシ以上にお客様を呼べる、 優れた力を持つ集客メディアは存在しません。



インターネットが一般に普及し始めてもうすぐ20年ほど経とうとしています。ビジネスの市場の主役はインターネット上になりつつあり、 今までチラシ集客をしていた業者たちも、比較的安価でできるSNSなどを使ったインターネット集客に移っています。

ですから、チラシ集客をしている業者が過去よりも減っているのです。ライバルが昔よりも少なくなり、しかもやる人が減ったこと で逆に目新しさが出ます。人は新しい物や珍しい物などに目を引かれますし、今だからこそ再びチラシの効果が出るようになってきているのです。


都心部を離れて地方に行けば行くほど、高齢化が進んでいます。地域のつながりを大切にし、インターネットと 無縁の生活をしている方がとても多くいらっしゃいます。そういった方に対していくらインターネット集客をかけても、 スマートフォンもパソコンも持っていないので絶対に見ることはありません。

むしろ地方に住むお年を召した方にこそ有効なのがチラシです。昔から慣れ親しんだ集客方法のため、 お年を召した方にこそ紙のチラシが有効と言えます。しかも、日本には物を大事にするという文化が根底にあり、 お年を召した方はそういった習慣を守っている方が多くいらっしゃいます。そのため、チラシであれば安易に 捨てずにしばらく持っていて、広告効果を発揮し続けるということも狙えるのです。


チラシの広告は、インターネット広告と比べて信頼性が高いという印象があります。この”印象がある” というのが実は大事であり、人は偏見や先入観で物事を第一に見るからです。事実、インターネット 上には悲しいことに信頼性の低い広告も多くあります。

顔が見えず、匿名性があるというのが根底にあるからです。新聞の折り込みチラシなどの場合、 信頼性の低い広告は基本的に出せません。しかも紙のチラシは、『広告』というものが始まってから今でも 続いている長い歴史があるため、それだけ人々の生活の中に溶け込んでいることも、信頼性の高さに一役買っています。


インターネットの広告は即効での集客に向いていません。見てもらえなかったり、信頼性の低さにより、 見る人を限定しにくかったりして、ターゲットを短期間のうちに大量に集めるのが難しいという欠点を抱えています。

チラシの場合、見てもらいやすいタイミングで狙った地域や人に集中的に撒くことができ、 特定の日時のイベントなど、インターネットと比べてピンポイントの集客が比較的簡単という特徴があります。


インターネット広告と違い、新聞などの折込に入れるチラシ広告は人の手に直接渡る機会が多いのが特徴です。 人は手に取ったものをよく見ないで放り投げることをあまりしません。ですから、大量の情報に埋もれずに、見てもらいやすいと言えます。

こういった理由もあり、インターネットの発達した今だからこそ、チラシをやった方がいいと言えます。ですが・・・



という方もいるでしょう。ですがそれは、間違ったチラシの作り方をしているからと言えます。お伝えしたいことは、 『チラシを使わない』又は『間違った作りのチラシを配っている』ことで、あなたがとんでもない大損をしてしまっているという事実です。 では一体、集客ができるチラシというのはどういうものなのでしょうか?その前にあなたは・・・


他にも、
「新製品のお知らせを大きく入れてみようか」
「割引の数字を目立つ場所にでっかく入れたほうがいいと思うわ」
「たくさん売りたいから多くの商品の写真を載せたいな」

といったようなごちゃごちゃしたチラシを見たり、自分もそう作ろうと考えたことは、一度ぐらいありませんか?けれど、 実際チラシってどういう風に書けばいいのかわからないし、何を書けばお客様が来てくれるのかもわからない。

と思った挙句、考えるのも面倒だし、デザインから印刷して配ってくれるトコまで安く 一括でやってくれるところは無いかなぁ。と思い、業者に丸投げで任せたりする人もいるかもしれませんね。

そしてデザイナーの手により、カッコ良くカラフルなチラシが完成し、「この地域に撒きます 」と決まり、さぁ、これでチラシを撒くからお客様が来るぞ! とワクワクして数日後。


素晴らしいチラシを作りました。どこからどう見ても綺麗でカッコ良く、色や商品の写真にもこだわりました。 「この角度から取った方がいい。こっちの方が綺麗に見える……」割引の文字も大きく書きました。 今このセール時期に買った方がとてもお得です。けれど、集客効果は全く出ていません。


確かにチラシの見栄えが良いことに越したことはありません。ですが、そのチラシには書かなければならない、 ある”2つの要素”が抜けていました。チラシには書くべきことがあり、それを知らない人が作った場合、全く反応の出ないチラシになってしまうのです。

逆に言えば、その2つの要素だけ入っていれば、正直、他は何を書いてても関係ありませんし、 もっというのであれば、邪魔なので省いてもいいぐらいです。デザインも必要ありません。必要なのは、 たった2つだけ。それだけで、反応があるチラシと反応がないチラシになってしまうのです・・・


デザインをする人間がチラシの2要素を知らなかった場合、いくら腕の良いデザイナーが見栄えの良いチラシに仕上げたとしても、 反応が出ないものが出来上がることとなります。それに気付かず、このチラシの2つの要素を知らないままでチラシ集客を続けた場合、 次のチラシも、次の次のチラシも反応は出ません。

なので、どうすればチラシの反応を取り、お客様を呼べるのかわからないまま、ビジネスの売り上げも伸びず、 しかも広告費で赤字を垂れ流し続ける二重苦になってしまうのです……。つまり、デザインが良ければ・・・ プロが作れば・・・反応があるという訳ではありません。

デザイナーはデザインのプロであって、マーケティングのプロではありません。マーケティングはど素人です。 いくら何枚も作ったとか、そのような実績は関係ありません。あなたがデザインをすれば、下手くそになるように、 デザイナーが作れば、マーケティングは下手くそです。ただ、そんなマーケティングのど素人の人間でも・・・


  • 新規客もリピート客も自在に集められるようになる
  • ビジネスをする上で、新規もリピート客も、どちらに偏っても商売になりません。チラシの2要素を理解することで、新規とリピート、どちらが欲しいかによって的確にターゲット層を狙い撃ちすることが可能になります。あなたのビジネスの形に合わせて、お客様の層をコントロールすることが可能になるのです。

  • お客様の欲しいときにいつでも呼び込めるチラシを作成することが可能になる
  • ビジネスの形態によって、お客様がとても欲しい時期もあれば、逆にとても忙しい時期などが出てくるような場合もあります。お客様に来てほしいなと思ったタイミングで、瞬発力のあるチラシを作れるので、いつでも集客には困らなくなります。

  • 相見積もりされることなく商品を選んでいただけるようになる
  • 2要素を入れたチラシは、普通に知らないで作ったチラシよりも信用度が格段に変わってきます。プロ中のプロであり、あなたに頼めば間違いないだろう、という印象を持たれるチラシにすることができます。2要素を入れていないチラシを配っている同業他社と比べれば一目瞭然なため、必然的にライバルが減るのです。

  • 強みを発見、熱狂的な固定ファンの付くビジネスへ発展させることができる
  • 実は商品が売れるようになるだけではなく、その商品を売っているあなた自身にも次第にファンが付くようになります。ここには人の購買心理というものが関係しており、信頼できる人から物を繰り返し買いたいという気持ちが働くためです。

    チラシで最初の信頼感を築き、それを繰り返すことでお客様との信頼関係を深めることが可能です。そして気付いた時には、商品ではなく、あなた自身を目的にお客様が集まってくるようになるでしょう。

  • あなた自身にファンが付くようになり業種に限らず他のビジネスでも成功できる
  • 上記のファンが作れる状態になれば、あなた自身が商品に縛られなくなります。他の物を売っても成功できるようになるわけです。なぜなら、お客様はあなた自身を信用して買い求めに来るからです。「この人が売っている物なら間違いないに決まっている」そう思ってもらえるようにまでなれば、あなたはどんなビジネスをやっても成功は確実です。

  • 割引や特典など無くても買ってもらえ、経費の問題や
    「また売上が下がる」といった精神的な負担が軽減される

  • 例えばの話ですが、大型ショッピングセンターがすぐ近くにあっても、小さな商店が頑張っているといった商店街が、全国にはたくさん存在します。なぜやっていけるのか? それは地元のお客様との信頼関係ができているため、品ぞろえが少なかったり、無理な割引、特典を付けたりしなくても、お客様は買いに来てくれるのです。割引をしたりして「また売り上げが下がる……」といった負担は、もう感じなくなるでしょう。

  • 安売りの値引き合戦に巻き込まれなくなり、健全な経営をすることができる
  • お客様との信頼関係を築くことにより、ライバルが自然と減ります。それによってライバルとの差別化のために安売りをする必要がなくなってきます。信頼の上で、きちんとした値段を提示できるようになるでしょう。

  • 理想のお客様だけを集めることができ、クレームや返品率を下げることができる
  • お客様との信頼関係ができてくると、あなたを慕うお客様が多くなります。簡単に言えば、あなたの商品やサービスに対して満足度が高く、クレーム率が低い優良客を集められるようになります。 精神的な負担が大幅に減ることになるでしょう。

これらを実現させるための2つの要素を徹底解説しているのが、熱狂リピートチラシ2ステップ作成講座になるです。講座内では、チラシを手に取ったときの反応が180度変わる、重要な2要素とともに、チラシに載せると反応率が飛躍的に上がる、人間心理に基づいた4つのサブポイントも解説しています。



  • 読んだ人がつい来店したくなる、チラシの書き方とは?
  • チラシの目的には大きく分けて2つあります。その2つの目的を明確に理解することで、目的無く書いていたチラシがなぜ集客できなかったか理由がわかるでしょう。おのずと、どのように書けばいいかも分かってくるはずです。

  • 事業主とお客様の間にある、大きな誤解とは?
  • 事業主とお客様の間には、考え方の大きな誤解があります。それは同じ満足でも全く性質が違い、売り上げが伸びない大きな理由の一つとなり得ます。この誤解の本質を解説いたします。

  • チラシの意図が伝わらない大きな間違いとは?
  • チラシ集客をしている多くの事業主は、ある決定的な過ちを犯していることが多く、この過ちのせいでチラシの意図がきちんと伝わっておらず、結果的に集客が失敗していることが多いのです。それはデザインの綺麗さなどではありません。もっと根本的な人間心理のポイントを解説しながら、過ちの正体をお伝えいたします。

  • チラシに必ず入れなければならない、2つの要素の正体とは?
  • チラシを手に取ってもらい、商品を買ってもらうまでに必ず入れないといけない2つの要素です。これを入れなければ、どんなに気の利いたことを書いたとしてもそのチラシは失敗に終わることが予想されます。逆に言えば、この2つの要素を入れることでどんなチラシであっても基本をクリアしていることとなり、成果の出やすいチラシとなることでしょう。

  • チラシを活用することでお客様と信頼関係を築ける理由とは?
  • この講座でお伝えするチラシでは、長期的にお客様と信頼関係を築くことができるようになります。最終的な目的が、商品を買ってもらうことに加えて、事業主であるあなた自身を好きになってもらうという意図があるからです。これによって、例え扱う商品が変わったとしても、あなたから買ってもらえることとなり、扱う商品を選ばずにビジネスをすることができるようになるでしょう。

  • あなたが来てほしいお客様だけが来るようになる理由とは?
  • 例えお客様が来てくれたとしても、クレーマーや返品の多いお客様ばかりでは困りますよね? 対応に追われて本来やるべきこともできなくなってしまいますし、何より心身の負担が大きくなってしまいます。

    それと比べて、あなたを慕ってくれるお客様ばかりが来てくれるようになったら、どのくらいビジネスのやりやすさは変わるでしょうか?毎日を心からの笑顔で過ごせるようになり、ビジネスの質も上がっていくことでしょう。

  • 何度も足を運んでもらえるようになる秘策とは?
  • 新規客もそうですが、何度も来て商品を買ってもらえればそれだけ売上は伸びますよね。でも実際は、一度来たお客様は二度と来ないことが非常に多いのです。そこにはある理由が存在します。そしてある秘策により、何度も足を運んでもらうことが可能になるのです。その秘策を解説いたします。


  • チラシに入れると反応率が劇的に上がる、4つのポイントとは?
  • 実はチラシには流れがあり、4つのポイントを意識して書くと反応率は劇的に変わります。しかもこれは人間心理に基づいた鉄板の流れであり、人が物を買うときのテンプレートのようなものです。反応率を劇的に上げるためのポイントをお伝えします。

  • 極めて短時間でチラシを完成させる方法とは?
  • 業務中にうんうん唸って何を書こうか考えていると、いくら時間があっても足りないでしょう。スキマ時間でチラシを完成させられる、ある画期的な方法が存在します。これらを活用することにより、時短もそうですが、ストレスなく売れるチラシを完成させられ、業務の効率が大幅にアップすることが見込めるでしょう。

  • リスクなく、徐々にチラシを改善していける方法とは?
  • 実は、チラシはある部分を変えていくとお客様の反応率が変わります。そこに何を書くかを変えていくことで、あなたの業種に一番合っている言葉を見つけていくことができます。チラシを徐々に改善していくことで、信じられないような反応率を叩き出すことも可能になるでしょう。

  • お客様がつい反応してしまう6つのキーワードとは?
  • 人間心理に基づいて、人の感情の種類というのはいくつかに細分化することができます。そして、おおまかにわけると6つのキーワードに辿り着くことができ、これらの要素をチラシの中にちりばめることで、あなたの集めたいお客様を集中的にターゲットにすることが可能です。これにより、クレームや返品率の低い優良なお客様を集めていくことができるでしょう。

  • チラシを見たお客様に、してほしい行動をさせられる理由とは?
  • 当然、チラシを撒くからには売り上げを上げなければなりません。それ以外にも、電話をしてほしいとかメールをしてほしいとか、登録をしてほしいとか、様々な理由によりチラシを配布することもあるでしょう。読んだ人にある行動を喚起させる力をチラシに持たせることができ、反応率がグンと上がることでしょう。

  • チラシを書くのに二度と迷わなくなる3つのポイントとは?
  • チラシの書き方を学んだとしても、イザ自分で書いてみようと思うと結局筆が進まない……。なんてこともあるかもしれません。作成に慣れていないうちは尚更です。ですが、もしわからなくなったらこの3つを忠実にやればいい、というポイントが存在します。チラシ作成に二度と迷わず、短時間で書けるようになるポイントをご紹介します。

  • 捨てられないチラシをつくれるようになるポイントとは?
  • 悲しいことですが、世の中のチラシの大半は読まずに捨てられています。単純に面白くないチラシだから、などの理由がありますが、一番の理由は”あることを意識してチラシを作成していないから”興味を持たれずに捨てられるのです。このポイントを意識するだけで、捨てられないチラシが作れるようになり、一枚のチラシが長い期間見られて広告効果を発揮してくれるでしょう。

以上の内容がこの講座に含まれていますが、あくまで一部の内容のため、実際の動画ではこれ以外に含まれいます。そのため、この動画を見て頂ければ、マーケティングのプロが作ったかのように、熱狂リピートが増えるチラシをあなたでも作成することができるということです。その結果、配れば配るほどその効果は現れ、集客に悩むことはありません。

但し、今回はこれだけではありません。日本一の名刺専門家の福田先生とのマル秘対談映像をプレゼントさせて頂きます。ですが、こちらは期間限定のため、予告無しに終了とさせて頂きます。





少し思い出してください。あなたはなぜ会社経営をしようと思ったのでしょうか? 恐らくあなた自身に強い決意があり、「この素晴らしい商品を世の中に広めたい」 「このサービスで人々を幸せにしたい」もしくは「社会的に成功したい」 といった気持ちが根底にあるのではないでしょうか?

チラシなんて今更やっても……。そんな風に考えるかもしれませんが、それは間違いです。 事実、現代はインターネットが発達したことで、集客の事情も大きく変わってきました。同時に、 少子高齢化が進んでいることもあり、あらためて地域密着の集客ができる『チラシ』が注目されているのです。

地元の人をターゲットにしているのに、遠方からのお客様をターゲットにするようなホーム ページをいくら頑張って作ったところで、遠くからわざわざ来る人も少ないのが現実ですし、 そもそもインターネットの広告は流し読みされたり、大量の情報に埋もれてしまって目につきづらいのがネックとなっています。

携帯電話やパソコンも使わない高齢の方などは、やはり今でもチラシの広告を好みます。だからこそ、 今一度紙のチラシに注目していただきたいのです。短期的に多くのお客様を集めることも可能ですし、 狙ったターゲットの地域に集中的に配ることも可能であり、内容さえ良ければ、一枚のチラシで 何百人単位という一気に大きな反響を得るゲリラ的な集客を行うこともできるのです。

それだけの力を持つチラシの作成講座に、あなたはどのくらいの価値を感じますか?実際、このチラシ は単に商品を売るためのチラシではなく、ファンを作るということを最終目的としており、 あなたがこの先どんなビジネスを行ったとしても、固定ファンが増えていく状態を実現できるような内容となっています。

そのような未来を実現可能なチラシの作成講座ですが、価格は19,800円とさせていただくことを考えました。 が、少しでも多くの方の手に取っていただき、そして実践していただきたいなという考えから、 さらにここから値引きをさせていただきます。ズバリ、熱狂リピートチラシ2ステップ作成講座の価格は、 今回は10,000円(税別)となります。

ですがこの価格は、今回だけの特別価格となりますので、このページ以降は値上げをさせていただくことになります。 この場でご決断いただける方への、ささやかなご奉仕とさせていただきます。もう、集客ができないことで 悩む日々は終わりにしませんか。いつでも好きなタイミングでお客様を集められるようになるチラシ の作成講座が10,000円で手に入るとしたら、この講座は高いでしょうか?



※講座内容は、何度も視聴可能なオンライン動画講座
※特典は無料で、全体価格の中に含まれています


チラシを作成するのは、実はポイントさえ押さえればそんなに難しくはありません。基本はシンプルなのです。 書く内容は業種によって違えど、本質は同じです。面倒くさいからと業者に丸投げをしてしまったりでは、 業者はあなたのビジネスのことがわかりませんから、本当に書くべきことがわからないのはある意味当然なのです。

ゆえに、結果の出ないチラシとなってしまう……。それに気付かないで何度もチラシを撒いていては、 赤字が膨れ上がる一方です。実際、店舗型のビジネスや地方でビジネスをしていらっしゃる方は、チラシ広告に よる集客が無いとなかなかお客様を集めにくいという現状になっています。

何度も言いますが、反応の出るチラシを作ることは誰にでも可能です。書き方を学び、実践しているうちに、 いつしかあなた自身のファンが付き、予約表や行列が絶えないような商売に発展することは珍しいことではありません。

そうなると気づいた時には、あなたが周りから尊敬され、頼りにされる存在となっていることでしょう。 売れる商売を作ったことで、あなた自身も自信に満ち溢れる毎日を過ごせるようになるはずです。 そういった人生の変化を体験する人は、成果を出すために日々新しいことを続けています。

もし、そういった変化に興味がありましたら、ぜひ熱狂リピートチラシ2ステップ作成講座で、 売れるチラシの作り方を学んでみてください。